×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

にんじんジュースの効能と作り方

    超メタボリックシンドローム解消法 −内臓脂肪症候群からの脱却−
 HOME | メタボリックシンドローム | 内臓脂肪を燃やす運動 | 食事療法 | ワンコインフィットネス |
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪が増加してお腹がぽっこりとなりさまざまな病気(高血圧症、心筋梗塞、脳疾患など)を引き起こす要因のひとつといわれています。メタボリックシンドロームは、女性よりも男性に多く、中高年や高齢者に多いというデータもでています。運動不足、カロリーの取りすぎなどが原因で、生活習慣を見直さなければ重大な病気にもなりかねません。ですが、内臓脂肪は皮下脂肪と異なり減らしやすいので心がけひとつでメタボリックシンドロームを解消することが可能です。当サイトでは、メタボリックシンドロームの基礎知識、内臓脂肪を燃やす運動、食事療法などを紹介しています。
スポンサードリンク
メタボリックシンドローム解消法 > 手軽な簡単ダイエット > にんじんジュースの効能と作り方

にんじんにはミネラルやビタミンが沢山!

にんじんにはミネラルやビタミンをたくさん含んでいます。ジュースにすると気軽に摂取することができます。飲むのは朝がいいそうです。いったい、にんじんにはどのような効能があるのでしょう。
 
 
朝ににんじんジュースを飲むと、昼、夜に食べた物がゆっくりと消化、吸収され、排泄につながります。にんじんジュースのような軽い栄養のあるものをとると、消化器官がゆっくりと休むことができ、排泄のための時間がたっぷりとれることになります。よって、にんじんジュースを飲むと、お通じがよくなった、体が軽くなった、という感覚が得られるのです。
 
 
もうひとつ重要なのは、体温を下げないことです。体が冷えると体が硬くなり、病気にかシャワーだけでなく、湯船にゆっくり入る、などの外から体を温めるという方法もありますが、体を冷やさない食事をたっぷり食べるということも重要です。
 
 
にんじんジュースも体を冷やさない食材を使っています。空腹を感じたら、おろししょうがを紅茶に加えたしょうが紅茶、甘いものを食べたくなったら黒砂糖を食べるようにします。いずれも体を温める食材です。
 
 
にんじんジュースダイエットの食生活は朝ごはんににんじんジュース、昼食はそば、夕食は好きな物を食べるというのが基本です。食べ過ぎないことで胃の負担を減らし、食べ過ぎない習慣をつけることが大事です。
 
 
ではにんじんジュースの作り方です。にんじんにリンゴを加えてミキサーにかけるだけです。リンゴの甘みで飲みやすくなります。
 
 
また、にんじんジュースにはダイエット効果も期待でき飲み続けることにより、自然に体が健康なリズムになり、食生活が改善されていくことでしょう。体がどんどん健康になっていくという、うれしい利点もあるのです。
肥満は万病の元、健康的な食生活で、健やかな体作りを心がけましょう
 
スポンサードリンク

 
  メタボリック基礎知識
  メタボリックとは
  診断基準
  内臓脂肪増加の原因
 内臓脂肪増加による危険
 子供のメタボが増加
 メタボリックと年齢
 
  メタボリック対策法
  内臓脂肪を燃やす運動
  食事療法
  生活習慣を見直す
  漢方薬療法
 
  お役立ちコンテンツ
  必要カロリー摂取量
  ダイエットのリバウンド
  岩盤浴の効果
  ぽっこりお腹
  産後のダイエット
  手軽な簡単ダイエット
 
  運営者情報
  管理人
  LINK
  プライバシーポリシー

 
Copyright(c) 超メタボリック解消法 2007-2010 All Rights Reserved