×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

診断基準

    超メタボリックシンドローム解消法 −内臓脂肪症候群からの脱却−
 HOME | メタボリックシンドローム | 内臓脂肪を燃やす運動 | 食事療法 | ワンコインフィットネス |
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪が増加してお腹がぽっこりとなりさまざまな病気(高血圧症、心筋梗塞、脳疾患など)を引き起こす要因のひとつといわれています。メタボリックシンドロームは、女性よりも男性に多く、中高年や高齢者に多いというデータもでています。運動不足、カロリーの取りすぎなどが原因で、生活習慣を見直さなければ重大な病気にもなりかねません。ですが、内臓脂肪は皮下脂肪と異なり減らしやすいので心がけひとつでメタボリックシンドロームを解消することが可能です。当サイトでは、メタボリックシンドロームの基礎知識、内臓脂肪を燃やす運動、食事療法などを紹介しています。
スポンサードリンク

メタボリックシンドロームの診断基準

診断基準
   2005年4月にメタボリックシンドロームに関する基準が作成され以下の
   診断基準が作成されました。
 
    A.腹囲     男性−85cm以上  女性−90cm以上
 
    B.最高血圧  130mmHg以上   最低血圧  85mmHg以上
 
    C.中性脂肪  150mg/dl以上   HDLコレステロール  40mg/dl未満
 
    D.血糖値    110mg/dl以上
 
   Aの項目に該当し、B、C、Dのいずれか2項目に該当するとメタボリック
   シンドローム(内臓脂肪症候群)と診断されます。あくまでも実際に精密に
   検査(CTスキャンなど)してみなければはっきりしたことは分かりません。
   腹囲の測定は、正確な測定ポイントや測り方によって異なってきますので
   あくまで目安と考え、詳しくはかかりつけの医師に相談しましょう。
 
 
 
内臓脂肪と皮下脂肪の違い
 
   内臓脂肪は男性につきやすく、女性は皮下脂肪がつきやすいと言われ
   ています。女性は女性ホルモンの影響で下半身に皮下脂肪がつきやすく
   なっています。一方、男性は男性ホルモンの影響により内臓脂肪がつきや
   すくなっています。内臓脂肪は、適度な運動やバランスのとれた食事によ
   り比較的落としやすいのですが、皮下脂肪は内臓脂肪より落ちにくいという
   違いがあります。
   
   スポンサードリンク
   
   
  メタボリック基礎知識
  メタボリックとは
  診断基準
  内臓脂肪増加の原因
 内臓脂肪増加による危険
 子供のメタボが増加
 メタボリックと年齢
 
  メタボリック対策法
  内臓脂肪を燃やす運動
  食事療法
  生活習慣を見直す
  漢方薬療法
 
  お役立ちコンテンツ
  必要カロリー摂取量
  ダイエットのリバウンド
  岩盤浴の効果
  ぽっこりお腹
  産後のダイエット
  手軽な簡単ダイエット
 
  運営者情報
  管理人
  LINK
  プライバシーポリシー

 
Copyright(c) 超メタボリック解消法 2007-2009 All Rights Reserved