×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

内臓脂肪を燃やす運動

    超メタボリックシンドローム解消法 −内臓脂肪症候群からの脱却−
 HOME | メタボリックシンドローム | 内臓脂肪を燃やす運動 | 食事療法 | ワンコインフィットネス |
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪が増加してお腹がぽっこりとなりさまざまな病気(高血圧症、心筋梗塞、脳疾患など)を引き起こす要因のひとつといわれています。メタボリックシンドロームは、女性よりも男性に多く、中高年や高齢者に多いというデータもでています。運動不足、カロリーの取りすぎなどが原因で、生活習慣を見直さなければ重大な病気にもなりかねません。ですが、内臓脂肪は皮下脂肪と異なり減らしやすいので心がけひとつでメタボリックシンドロームを解消することが可能です。当サイトでは、メタボリックシンドロームの基礎知識、内臓脂肪を燃やす運動、食事療法などを紹介しています。
スポンサードリンク

内臓脂肪を燃やす運動

筋トレ
 
   内臓脂肪をより燃やす為には筋肉も必要になってきます。筋トレというと
   腕立て伏せ、腹筋運動、背筋運動がよく知られています。筋肉は年ととも
   に衰えていくので、健康を考える点でも日ごろから適度に筋トレをするのが
   ベストです。内臓脂肪を燃焼させるためには腹部から下半身の筋肉を鍛え
   るのが効果的です。つまり、腹筋と軽めのスクワットです。スクワットは下半
   身を鍛える運動で老化防止にも最適です。筋トレの秘訣は無理をしないで
   長期的に続けることです。
 
 
 
有酸素運動が効果的
 
   有酸素運動は内臓脂肪を燃やす運動としてはとても効果があります。有
   酸素運動で代表的なものは、ウォーキング、水中ウォーキング、水泳など
   が一般に知られています。ウォーキングは手軽にはじめられるのでお勧め
   です。歩く時間は短すぎては有酸素運動にはなりません。約1時間程度
   ウォーキングをすればいいでしょう。水中ウォーキングはもっと効果的です。
   身体に負担をかけずに有酸素運動ができるのでこちらもお勧めです。
 
 
 
ヨガ
 
   ヨガにはフィットネス系や筋トレ系があり、効能として疲労回復、肩こり、
   ダイエット、ストレス解消などが主です。ヨガはゆっくりと身体を動かして、
   力を入れず静止の動作をしたりと結構な運動量を必要とします。ヨガの
   効能を最大限に引き出すには、短期的にではなく、長期的におこないは
   じめて効果が現れます。効能別にポーズがあり呼吸、動作、停止を繰り
   返していきます。そのため身体の不調や骨格修正には非常に効果的とい
   われています。忙しい人は一日数分でもいいので、毎日のスタートである
   朝にヨガを取り入れてみてはどうでしょうか。
   
   スポンサードリンク
   
   
  メタボリック基礎知識
  メタボリックとは
  診断基準
  内臓脂肪増加の原因
 内臓脂肪増加による危険
 子供のメタボが増加
 メタボリックと年齢
 
  メタボリック対策法
  内臓脂肪を燃やす運動
  食事療法
  生活習慣を見直す
  漢方薬療法
 
  お役立ちコンテンツ
  必要カロリー摂取量
  ダイエットのリバウンド
  岩盤浴の効果
  ぽっこりお腹
  産後のダイエット
  手軽な簡単ダイエット
 
  運営者情報
  管理人
  LINK
  プライバシーポリシー

 
Copyright(c) 超メタボリック解消法 2007-2009 All Rights Reserved