×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

太もも速やせダイエット

    超メタボリックシンドローム解消法 −内臓脂肪症候群からの脱却−
 HOME | メタボリックシンドローム | 内臓脂肪を燃やす運動 | 食事療法 | ワンコインフィットネス |
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪が増加してお腹がぽっこりとなりさまざまな病気(高血圧症、心筋梗塞、脳疾患など)を引き起こす要因のひとつといわれています。メタボリックシンドロームは、女性よりも男性に多く、中高年や高齢者に多いというデータもでています。運動不足、カロリーの取りすぎなどが原因で、生活習慣を見直さなければ重大な病気にもなりかねません。ですが、内臓脂肪は皮下脂肪と異なり減らしやすいので心がけひとつでメタボリックシンドロームを解消することが可能です。当サイトでは、メタボリックシンドロームの基礎知識、内臓脂肪を燃やす運動、食事療法などを紹介しています。
スポンサードリンク
メタボリックシンドローム解消法 > 手軽な簡単ダイエット > 太もも速やせダイエットですっきりきれいな美脚を!

引き締め運動こそが美脚を生み出します

これから夏に向けて足を露出する機会が増えてきますね。ミニスカートや水着からすらりと伸びる足は女性なら誰でもあこがれると思います。簡単に足やせができればうれしいですよね。最近話題になっているのが「太もも速やせ運動」というものです。


まず、すらりと伸びる足は、ただやせるだけでは手にいれることはできません。ひきしめこそが美脚を生み出すのです。「太もも速やせ運動」は、足が引き締まるだけでなく、O脚やX脚を治してくれるだけでなく、骨盤のゆがみや下半身全体のむくみもとってくれるそうです。


でも、難しい運動だったり、痛い運動だとなかなか長続きしませんよね。でもご安心。「太もも速やせ運動」は2つの基本動作を朝と晩の2回やるだけで、効果が現れるそうです。その基本動作1は、まず足を閉じて椅子に座り、太ももの間に手を入れて、手を外側へ、足は内側へと力をいれます。そしてその状態をキープしたまま、つま先をつけたまま左右の足踏みをします。なれるまでは無理しない回数、慣れてきたら30回ほど繰り返します。


基本動作2は足を広げて椅子に座り、手を太ももの外側に置き、手は内側へ、足は外側へと力をいれます。そのままつま先を地面につけたまま交互に足踏みを繰り返します。これも慣れるまでは無理をしない程度、慣れてきたら30回ほど繰り返します。


時間にすれば5〜10分くらいでしょうか。これを朝晩の2セットだけで1週間で2センチも太もも周りが細くなった事例もあるそうです。まず続けることが大切です。途中で辞めてしまうと、せっかく締まってきた太ももや骨盤がすぐにゆるんでしまうからです。簡単に毎日できる運動ですから、是非続けてみましょう。

 
スポンサードリンク

 
  メタボリック基礎知識
  メタボリックとは
  診断基準
  内臓脂肪増加の原因
 内臓脂肪増加による危険
 子供のメタボが増加
 メタボリックと年齢
 
  メタボリック対策法
  内臓脂肪を燃やす運動
  食事療法
  生活習慣を見直す
  漢方薬療法
 
  お役立ちコンテンツ
  必要カロリー摂取量
  ダイエットのリバウンド
  岩盤浴の効果
  ぽっこりお腹
  産後のダイエット
  手軽な簡単ダイエット
 
  運営者情報
  管理人
  LINK
  プライバシーポリシー

 
Copyright(c) 超メタボリック解消法 2007-2010 All Rights Reserved