×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

歯の噛み合わせによる影響

    超メタボリックシンドローム解消法 −内臓脂肪症候群からの脱却−
 HOME | メタボリックシンドローム | 内臓脂肪を燃やす運動 | 食事療法 | ワンコインフィットネス |
メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)は、内臓脂肪が増加してお腹がぽっこりとなりさまざまな病気(高血圧症、心筋梗塞、脳疾患など)を引き起こす要因のひとつといわれています。メタボリックシンドロームは、女性よりも男性に多く、中高年や高齢者に多いというデータもでています。運動不足、カロリーの取りすぎなどが原因で、生活習慣を見直さなければ重大な病気にもなりかねません。ですが、内臓脂肪は皮下脂肪と異なり減らしやすいので心がけひとつでメタボリックシンドロームを解消することが可能です。当サイトでは、メタボリックシンドロームの基礎知識、内臓脂肪を燃やす運動、食事療法などを紹介しています。
スポンサードリンク
メタボリックシンドローム解消法 > 手軽な簡単ダイエット > 低脂肪牛乳ダイエット

低脂肪牛乳ダイエット

牛乳は体によいことはわかっていますが、脂肪分が多いことで太る可能性がありダイエットしている人にとっては敬遠されがちです。しかし、低脂肪牛乳をのむことによって、ダイエットができるというとも言われています。
 
 
ダイエットを繰り返す女性は、骨粗しょう症になりやすいといいますので女性は積極的にカルシウムをとることが必要です。牛乳は積極的に飲むとよいのですが、脂肪分が多いので、飲むのを避けている人も多いのではないでしょうか。
 
 
たとえば、毎朝低脂肪牛乳を飲んでいる人と、何も飲まない人では、朝に低脂肪牛乳を飲んでいる人の方が体重が減った言う人もいます。さらにうれしいことに、骨太、皮下脂肪の低下、血中の悪玉コレステロールの低下も期待できます。
 
 
つまり、朝にコップ一杯程度の牛乳を飲むことは、体のためにと良いということですね。低脂肪牛乳を飲むことがどうしてダイエットにつながるかということは、詳しくは判明されてはいませんが、Ca(カルシウム)が身体と大きく関係しているのではないか、と昔から言われています。
 
 
血中のカルシウム濃度が増加すると、脂肪細胞内のカルシウム濃度が低下し、よって脂肪の合成が抑制され、分解が促進されるということがいわれています。また、カルシウムはサプリメントよりも、食品から取るほうが効果があるということがいわれています。
 
 
同じコップ一杯の牛乳では、普通の牛乳より低脂肪牛乳のほうが多いということがわかっています。牛乳はゆっくり飲むと満腹感を得られるという実感もありますので、食事の量を減らす効果もありそうです。牛乳好きの人にはもってこいのダイエット方法かもしれませんね。
 
 
スポンサードリンク

 
  メタボリック基礎知識
  メタボリックとは
  診断基準
  内臓脂肪増加の原因
 内臓脂肪増加による危険
 子供のメタボが増加
 メタボリックと年齢
 
  メタボリック対策法
  内臓脂肪を燃やす運動
  食事療法
  生活習慣を見直す
  漢方薬療法
 
  お役立ちコンテンツ
  必要カロリー摂取量
  ダイエットのリバウンド
  岩盤浴の効果
  ぽっこりお腹
  産後のダイエット
  手軽な簡単ダイエット
 
  運営者情報
  管理人
  LINK
  プライバシーポリシー

 
Copyright(c) 超メタボリック解消法 2007-2009 All Rights Reserved